スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界緑内障週間に合わせ、3月に市民講座(医療介護CBニュース)

 眼球内の圧力で視神経が損傷し、視野が徐々に欠けていく疾患である緑内障への理解を深めようと、日本緑内障学会は世界緑内障週間(3月7-13日)の最終日に、サンケイプラザホール(東京都千代田区)で「緑内障市民公開講座」を開催する。

 当日は、東京警察病院の安田典子眼科部長が「緑内障をもっとよく知ろう!自分の目は自分で守るために」と題して講演する。


【関連記事】
「包括的眼科検診」の受診、日本は3割以下
日食観察で目に障害、報告13例
国内の視覚障害者数は164万人―日本眼科医会
「ドライアイは病気」対策を呼び掛け
「皮膚科群」は大幅赤字、「眼科群」は黒字-部門別収支調査

<俳人協会賞>榎本さん「祭詩」、栗田さん「海光」に(毎日新聞)
<小沢幹事長>「陸山会貸付に関する経緯の説明」全文(毎日新聞)
フィリピン人少年を逮捕=塗装業者宅強盗容疑で警視庁(時事通信)
東電元社員らオリックスから2億4千万詐取容疑(読売新聞)
<普天間移設>候補地、政府内で徳之島が浮上(毎日新聞)
スポンサーサイト

小沢不動産事件で首相「起訴がないこと望む」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は21日夜、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体による土地取引事件に絡み政治資金規正法違反容疑で東京地検特捜部に逮捕された石川知裕容疑者(民主党衆院議員)について、「起訴されないことを望みたい」と述べた。検察当局を含む行政の長でもある首相が個別の刑事事件に関して、一定の結論への期待感を表明するのは異例だ。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相は「(石川容疑者の)逮捕の事由を見ても、よく見えないところがある」と、特捜部の捜査にも疑問を呈した。また、小沢氏に対する特捜部の参考人聴取が決まったことについて、「そこですべてが明らかになることを願っている」と述べた。

【関連記事】
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」
首相が指揮権発動否定 小沢氏側土地問題 「潔白信じる」
鳩山内閣閣僚は小沢氏を擁護、検察・マスコミ批判、開き直りも
千葉法相、指揮権発動否定せず 小沢氏土地疑惑事件
首相の「検察批判」 不適切であり撤回求める

龍馬ゆかりの地を行く 水陸に利点ある京の拠点 酢屋(産経新聞)
小西一家総長ら逮捕=住吉会系幹部射殺事件-埼玉県警(時事通信)
看護師の業務範囲拡大の要件で議論(医療介護CBニュース)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
<国交省>「脱ダム」治水のアイデアを募集(毎日新聞)

首相、勘違い? 朝三暮四と朝令暮改を混同(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は22日午前の衆院予算委員会で、「朝三暮四の意味を知っているか」と尋ねられ、「よく知ってます」と前置きした上で「朝令暮改」の意味を説明、とんだ赤っ恥をかいた。

 自民党の茂木敏充幹事長代理が、麻生前政権が昨年4月に成立させた平成21年度第1次補正予算の一部を鳩山政権が執行停止した一方で、第2次補正予算案に停止した事業を盛り込んだと批判する狙いで、朝三暮四の意味をただした。

 ところが首相は「朝決めたことと夜決めたことがすぐ変わるという意味で、あっさりと物事を変えてしまうことだ」と自信満々に語った。

 朝三暮四は、猿にトチの実を朝に3つ、暮れに4つ与えると言ったら猿が少ないと怒ったため、朝に4つ、暮れに3つやると言ったら喜んだという中国の故事。茂木氏は「朝と夕で数を変えることでごまかすということだ」と政府を批判した。麻生太郎前首相は漢字の読み違いを連発し、「漢字が読めない首相」として内閣支持率低下の一因になった。

【関連記事】
鳩山首相、捜査介入を否定 「不起訴望む」発言で釈明
小沢氏の形式犯論 虚偽記載は重大な犯罪だ
首相の「不起訴望む」発言 首相の「反検察」の本音明らかに
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず
鳩山首相「小沢氏は潔白証明を」

小沢事務所 別工事でも受注謝礼要求 年2000万円(毎日新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
<雑記帳>IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
衆院代表質問 政治資金問題で大島氏「自浄能力問われる」(産経新聞)
「隠滅と逃亡の恐れある」=ひき逃げで米兵の拘置理由開示-那覇地裁(時事通信)

勤務医の労働環境、「非常事態宣言したい状況」-全医連代表(医療介護CBニュース)

 全国医師ユニオンと全国医師連盟(全医連)は1月24日、第1回医療労働研究会を都内で開き、全医連の黒川衛代表が病院勤務医の労働環境について「非常事態宣言でも出したいような状況」だと指摘した。

 その上で黒川氏は、▽雇用創出や技術革新につながるような医療費の活用▽医療医学への予算の10%以上アップ▽病院の適正な集約・分業化による医師の過労死防止▽患者も医師も救済できる法体系の見直し―の実現を呼び掛けた。

 また、過労死弁護団全国連絡会議代表幹事・日本労働弁護団副会長の岡村親宜弁護士は、▽「特別条項付協定(特別な事情で1か月の残業時間が限度基準を超える場合、臨時に結ばれる協定)」の締結が常態化している▽全医連と医師ユニオンの調査では、過労死ライン(1か月80時間以上の時間外労働)を超えた協定が、全体の15%に達した―など、勤務医を取り巻く労働環境の劣悪さを提示。

 こうした問題の根底には医師不足があると分析した上で、「すぐに裁判に訴えるのではなく、法に違反した現状を“梃子”に、国や病院に労働条件の改善を求めていくべきではないか」と提案した。

 研究会に先立ち、医師ユニオンの植山直人代表は「まだ小さな団体だが、着実にさまざまな活動に取り組んでいく」とあいさつ。今後、ユニオンとして国会議員や厚生労働省への働き掛けを強化する方針を示した。


【関連記事】
「過労死ライン」超える「36協定」168病院―医師ユニオン
勤務医を「聖職者」から脱却させ、適正な報酬を
「勤務医110番」に相談29件-全国医師ユニオン
勤務医からの労働相談を電話で受け付け
医師だけの労組「全国医師ユニオン」が発足

子ども手当、養護施設入所者にも支給(読売新聞)
<可視化法案>今国会提出「難しい」…千葉法相ら(毎日新聞)
外国人医療・介護従事者の受け入れ推進を―法相懇談会(医療介護CBニュース)
地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部-胆沢ダム下請け受注(時事通信)
書道 平安中期の藤原佐理の書状を初公開 広島県福山市で(毎日新聞)

元副市長らを背任容疑で告訴=不用な土地購入、虚偽文書も-岡山県赤磐市(時事通信)

 岡山県赤磐市は18日、市議が所有する土地を必要がないのに市費で購入したとして、元副市長(61)と元吉井支所長(61)=いずれも退職=を背任容疑で県警赤磐署に告訴した。また、吉井支所の産業建設課長(52)と同課主幹(45)についても、虚偽公文書作成の疑いで告訴した。
 市によると、事業計画がなかったにもかかわらず、市は2007年、交差点改良の名目で市議所有の宅地109平方メートルを購入、08年には残土置き場として、同じ市議所有の畑5164平方メートルを計約709万円で購入した。契約は元副市長の指示で、課長と主幹が虚偽の公文書を作成し、元支所長が専決権限に基づいて購入手続きしたという。
 井上稔朗市長によると、常任委員会での同市議の発言を不審に思い調査したところ、問題が発覚。購入した土地は、いずれもそのまま放置されている。 

【関連ニュース】
行政書士と妻逮捕=架空会社で中国人雇用
厚労省元局長、27日初公判=証明書偽造、無罪主張へ
元家裁書記官、起訴内容認める=判決偽造、6900万円詐取
浅草署警部を書類送検、辞職=「処理面倒」と証拠品壊す
元県立高校長に有罪=調査書改ざんし謝礼受領

総選挙、公正に実施=ミャンマー外相(時事通信)
<空海>唐から持参の文献「三教不齋論」写本を発見(毎日新聞)
預貯金感覚で「ギフト」ゲット…「株主優待」魅力ある分リスクに注意(産経新聞)
日本一早咲きの桜、沖縄の寒緋桜が見ごろ(産経新聞)
通常国会召集 「政治とカネ」で大荒れも(産経新聞)

帰宅困難者の避難訓練 秋葉原駅周辺、大地震を想定(産経新聞)

 千代田区は15日、大地震が発生したとの想定で同区外神田のJR秋葉原駅周辺をメーン会場に帰宅困難者避難訓練を行った。区の総合防災訓練としては7回目で、初の試みとして外国語での外国人対応や避難誘導を実施。このほか、徒歩帰宅訓練や事故や火災に巻き込まれた人を救出する訓練も行われた。

 区によると、首都直下地震が起きると同区では交通機関が止まり約57万人の帰宅困難者が発生するという。秋葉原地区は周辺駅の1日の利用者が計約40万人と区内有数の昼間人口の多いエリア。これに加え、昨年度の年間来訪者は約20万人と外国人にも人気のスポットにもなっているため今回、初めて訓練のメーン会場に秋葉原が選ばれた。

 この日午前9時ごろ、マグニチュード7・3の首都直下型地震が発生し、区内で震度6強を観測、多数の負傷者のほか建物が倒壊し生き埋めになった人も出ているとの想定で訓練開始した。

 同駅近くのビル「秋葉原UDX」では災害救援専門のボランティア団体が主体となり、語学に優れたスタッフがいる「多言語支援センター」を設置。約10人の外国人はスタッフの誘導で駅前まで避難し、救援物資を受け取る訓練を行った。

 路上では炎上した車を東京消防庁の隊員が消火し、クレーンでつり上げて撤去した。

酸素吸引中に喫煙し火災…6年で26人死亡、厚労省が注意喚起(産経新聞)
<松下参院議員>自民に入党…参院選公認候補へ(毎日新聞)
【産経・FNN世論調査】自民は回復の糸口つかめず(産経新聞)
<虚偽記載>「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述(毎日新聞)
<教師刺殺>卒業24年後の事件で因果関係認める…甲府地裁(毎日新聞)

小沢幹事長、民主党代議士会に出席も無言(産経新聞)

 東京地検特捜部からの事情聴取の要請に応じる考えを示し、動向が注目されている民主党の小沢一郎幹事長は19日午後、国会内で開かれた民主党代議士会に出席したが、発言はしなかった。出席議員からも、小沢氏をめぐる問題についての発言は一切なかった。

【関連記事】
千葉法相、指揮権発動否定せず 小沢氏土地疑惑事件
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」
「特捜部にも説明責任」「何を考え執行したかよく分からない」 中井国家公安委員長が異例の言及
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏

バイク同士接触、小学教諭死亡 大阪・鶴見(産経新聞)
静岡県伊東市で震度4(時事通信)
部分日食 日没直前に…東海以西で観測(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬虐待?未成年に酒?三重県が適否調査へ(毎日新聞)
<阪神大震災>発生から15年の朝 さまざまに鎮魂の祈り(毎日新聞)

窃盗 ヴィトン、900万円相当盗まれる 大阪で早朝(毎日新聞)

 21日午前5時25分ごろ、大阪市中央区南船場3のオフィスビル1階に入る高級ブランド店「ルイ・ヴィトン大阪心斎橋店」前で、「3人組の男が棒で店のガラスを割っている」と通行人から110番通報があった。大阪府警南署によると、店内からバッグ、時計、ネックレスなど計約35点(約900万円相当)が盗まれており、同署は窃盗事件として、逃げた男らの行方を追っている。

 同署やビルの防犯カメラの映像によると、男らは店の前に現れた後、正面玄関のショーウインドーの強化ガラス(厚さ約2センチ)を割って店内に入った。約3分後、数箱の段ボールを運び出し乗用車に積み込んでいた。警報音で警備員が駆け付けると、店の前から白い乗用車が東方向へ走り去ったという。ガラスは縦約1.5メートル、横約60センチの大きさに割れていた。

 男らはいずれも上下が黒っぽい服装で、うち1人は白いマスクを着用していた。店内はショーケースなどが割られ、商品が盗まれていた。

 現場は大阪・ミナミの一角で、御堂筋と長堀通の交差点の北東角。一帯は同店のほか、オメガ、シャネルなどの高級ブランド店が並んでいる。【茶谷亮、山口朋辰】

【関連ニュース】
窃盗:高級貝タイラギ、大量になくなる 佐賀の海で養殖
奈良・不明住職:万引き容疑で逮捕 福島のスーパーで
万引き:千葉県警の警部逮捕 茨城の店で人形盗んだ疑い
窃盗:給与900万円盗まれる 名古屋の飲食店
指定ごみ袋:転売目的で盗む 町職員逮捕 奈良・田原本町

「説明で納得」「何考えてる」=小沢氏対決姿勢に民主党員ら(時事通信)
一畑電車活用協が車両運行を求める提言書 島根(産経新聞)
<ボンバルディア機>伊丹空港でトラブル(毎日新聞)
ハイチで地震、建物倒壊か…日本に津波の影響なし(読売新聞)
鳩山首相 「青年の船事業」参加者と面会 「友愛」を強調(毎日新聞)

宮城刑務所で129人が吐き気 ノロウイルスに集団感染か(産経新聞)

 宮城刑務所(仙台市若林区)に収容中の受刑者129人が吐き気や下痢の症状を訴え、うち2人からノロウイルスが検出されたことが14日、分かった。重症者はなく、全員が快方に向かっているという。

 同刑務所と仙台市によると、3日に受刑者3人が下痢や吐き気を訴え、刑務所の医師の治療を受けたが、その後、発症者が増加。刑務所から連絡を受けた市若林保健所が調査したところ、発症者からノロウイルスが検出された。市は感染性胃腸炎の集団発生とみて調べている。

【関連:食の安全】
高校の食堂で女子高生13人食中毒 さいたま
バレー大会参加の高校生ら74人が胃腸炎 宮城
旅行先の鹿児島・喜界島で釣った魚で食中毒 兵庫の女性ら5人
もちを詰まらせ? 公園で男性死亡 蕨
こんにゃくゼリー、危険性はモチの次「アメと同程度」

大阪府の法人2税が1300億円減り2000億円に 昭和50年並みに (産経新聞)
「40人学級」見直しへ=小中の標準引き下げ議論-文科省(時事通信)
「日米同盟に感謝すべきだ」首相、防衛省で訓示(読売新聞)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
「明美ちゃん基金」に寄付金30万円 住田美容専門学校(産経新聞)

<ハイチ大地震>国際医療救援団体、医師ら派遣(毎日新聞)

 ハイチで発生した地震を巡り、国際医療救援団体「AMDA」(本部・岡山市)は14日、現地の被災者支援のため、鈴木梓調整員(31)とニティアン・ヴィーラバグ調整員(41)を派遣した。15日に成田空港で沖縄県在住の渡久地宏文医師(62)と合流し、日本時間の17日に到着する。現地でAMDAカナダ支部の看護師も加わり、緊急医療支援を行う。

 倒壊した建物など、がれきの粉じんによる呼吸器系の疾患に対応するため、マスクや簡単な措置を行う医療器具類を持ち込み、情報収集を行う。鈴木調整員は「被災地のニーズを把握し、どのような医療活動ができるか調査する」と話した。

 義援金は郵便振替(口座番号01250-2-40709、口座名「特定非営利活動法人アムダ」、通信欄に「ハイチ地震」と記入)で受け付ける。【椋田佳代】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:各国が支援急ぐ 米は空母を派遣
ハイチ大地震:首相「犠牲者10万人超も」 救援進まず
米国務長官:豪など歴訪を中止 ハイチ大地震に対応
ハイチ大地震:日本赤十字社スタッフ 被災調査で現地へ
ハイチ大地震:自転車王者のアームストロング選手が援助

自民党 青木氏が出馬表明 高齢批判に反論(毎日新聞)
元厚生次官ら連続殺傷 論告要旨(上) 「残忍極まりない凶悪な犯行」(産経新聞)
芥川賞・直木賞 選考経過(産経新聞)
<日本マクドナルド>社員の「過労死」認定 東京地裁(毎日新聞)
【健康】体幹 鍛えて生活向上 姿勢や呼吸・発声に好影響(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。